それとなくRPGのロゴ
 では、あなたはプレイヤーとしてゲームに参加していただきます。よろしくお願いいたします。あなた方は進行役となった人のガイドを聞いてください。
 画面下の青いカードを見てください。これがあなたの「キャラ」になります。このゲームは自分のキャラをそれとなく伝えるのを目標とします。
 プレイ中、自分のキャラを話したり、相手のキャラがなにかを尋ねることはできません。
テコ、ナビゲーター
 キャラは全部で10種類あります。すべてのキャラを画面下のカードに並べました。
 あなた以外のプレイヤーもこれらのキャラのうちのどれかになっています。また、あなたと同じキャラである可能性もあります。
テコ、ナビゲーター
 進行役の人の話を聞いてあなた方がどこで会ったのかを知りましょう。
テコ、ナビゲーター
 進行役の人が質問をするので、よく聞いてください。
 この質問に答えていただきます。ただし、なるべく自分以外の1人だけにわかるように答えてください(どうしてそうしないといけないのかは、このあとを読めばわかります)。
テコ、ナビゲーター
 全員が質問に答えたら、自分以外の人達がどの「キャラ」なのかを考えます。1番自信がある人を1人決めてください。その人の「推測したキャラ」を下の選択肢から選択してください。
テコ、ナビゲーター
 全員が選択肢を選んだら、「せーの」で一斉に自分のスマホを「キャラを推測した人」に向けます(スマホを落とさないように気をつけてください)。
 進行役の人から時計回りに「推測したキャラ」かどうか尋ねてください。尋ねられた人は正解していれば、正解ですと言い、下にあるボタンを押して自分のキャラをオープンします。
 外れていたら、「ハズレです」とだけ言ってください。キャラをオープンする必要はありません。
テコ、ナビゲーター
 全員が尋ね終わったら、点数計算に移ります。まず、誰かのキャラを正解した人(ここでは正解者と呼びます)には1ポイント入ります。
 次に自分のキャラを誰か1人だけに正解してもらった人(ここではこれを照れ成功と呼びます)にも1ポイント入ります。
 自分のキャラを2人以上に正解してもらった人はポイントがもらえませんので注意してください。
 正解者で、なおかつ照れ成功した人の場合は2ポイント入ります。  
テコ、ナビゲーター
 全員の点数計算が終わったら、1ラウンド終了です。これを3ラウンド繰り返し、合計ポイントが1番高い人が「勝ち」となります。
テコ、ナビゲーター